拠点の選び方

定額住み放題『HafH』のサービスまとめ【世界中に拠点が持てる】

定額で全国各地に拠点が持てる『HafH』のサービスについて調べてみました
RISAKO

 

まとめた項目

  • 料金と宿泊プラン・予約方法は
  • 拠点の数とエリアは?どんな特徴がある?
  • 利用したくなるポイント3選

「利用したくなるポイント3選」はほかのサービスと比べて特徴的だなと思うことをまとめました。

 

確認した情報

  • 公式サイト
  • 公式・代表Twitter
  • 代表note

公式と代表が発信した情報をピックアップしています。

 

 

HafHはプランも拠点もとにかくラインナップが豊富。

 

"旅をしながら働く人"にぴったりなサービスです。

 

Hafhでは登録会員(わたし)の紹介で新規会員登録すると500ハフコインもらえるキャンペーンもやっています。利用希望の方はTwitterのダイレクトメッセージ(@RISAKKO8)で気軽に連絡してください。招待URLをお送りします
RISAKO

 

HafHの拠点数・展開エリア・料金・宿泊プラン・予約方法は?

ハフ公式サイトトップページ

出典:公式サイト

HafHの拠点数・展開エリア・料金・宿泊プラン・予約方法をまとめてみました。

拠点数

400拠点(国内261拠点・海外139拠点)/2020年10月時点

展開エリア

25の国と地域
247都市(国内167都市・海外80都市)
※国内は47都道府県全てに拠点あり

宿泊プラン
(宿泊可能日数/月)

基本の料金プランは4つ

・「いつもHafH(風)」    毎日
・「ときどきHafH」    10日間
・「ちょっとHafH」     5日間
・「おためしHafH」     2日間

※日にちは月に利用可能な日数
※上記の他に「いつもHafh(土)」「おやすみHafH」などあり
※「おためしHafh」は2021年1月から1泊になります

料金プラン/月
(税込)

・「いつもハフ(風)」 82,000
 (HafH Coin: 500

・「ときどきハフ 32,000
 (HafH Coin: 200

・「ちょっとハフ 16,000

・「おためしハフ」3,000

契約期間

・月単位で自動更新

・プランを「おやすみハフ」(毎月の課金のないプラン)に変更することにより課金を停止することが可能

予約ルール

90日先まで予約の申込みが可能

・当日予約は日本時間の21時まで。
施設からの予約確定通知があって予約完了。24時までに回答がなければ自動で予約キャンセル。

・同じ施設での連泊も可能

・予約に関する特段の制限は現時点でなし

備考

・基本はドミトリーに宿泊

・施設によってはHafH Coinの利用で個室利用可

・施設や時期によってはHafH Coinなしで施設利用可能なケースもあり

料金はGoToトラベルの適用で変わります。詳しくは公式サイトを確認してください。

 

宿泊プラン・滞在可能日数・料金

ハフの基本料金プラン

出典:公式サイト

HafHの基本プランは4

 

月に2日だけ利用できるものから1ヶ月がっつり利用できるものまであります。

 

料金で嬉しいのは登録初月が無料なこと。

プランの注記

出典:公式サイト

 

一定の期間は解約ができなかったり、高い安いプランへの変更ができないなど条件はありますが、これは常識で考えれば当たり前のこと。

 

月の早い段階で会員登録すればものすごくお得に利用できますね!
RISAKO

 

この基本の4つ以外のプランもざっとご紹介します。

いつもハフ(土)

いつもハフ(土)のプラン紹介画面

出典:公式サイト

  • 料金:¥82,000(税込)/月
  • HafH Coin:500 Coin 付与
  • HafH Network 10日分/月 無料滞在OK

 

さきほどの表の「いつもハフ」は”風”でしたが、こちらは”土”です。

 

プランの詳細をさくっと説明すると、

『1ヶ月固定の部屋(ベッド)を確保しながら、ほかのHafHの拠点に10泊まで滞在できる』

という”良いとこどり”なプラン。

 

占有スペースを確保できる拠点はHafHの直営のコリビング拠点。

 

施設は1ヶ月ごとに移動もできます。

 

 

そして、ほかのHafH施設に滞在している間、占有スペースには荷物を置くこともできるそう。

 

わたしもそうですが、自宅を手放す人にとっては荷物を置いておける場所があるのはありがたいですね。

 

▼プランの詳しい内容はこちらをチェック▼

 

おやすみハフ

月額料金のかからない会員登録のみのプランです。

 

施設を利用することはできませんが、お得な情報の案内が送られてきます。

 

まだ利用を迷っているなら、試しに登録をして情報収集するのもいいですね。

 

わたしはこの「おやすみHafH」に登録してます。
RISAKO

※「おためしHafh」は2021年1月から1泊になります

 

そして、宿泊以外ではこんなプランも。

はたらくハフ

はたらくハフのプラン紹介画面

出典:公式サイト

料金:12,000(税込)/月

 

HafH施設のコワーキングスペースを使い放題というプラン。

 

仕事・勉強スペースがほしい人には嬉しいですね。

 

利用できるのはHafH拠点内のスペースなので、疲れたらベッドで昼寝をするなんてこともできるそう。

 

リラックスして使えるのはすごくいいです!

 

 

プランで迷っているなら

料金プランを見ても「どのプランが自分に合っているかわからない!」という方は次の3つをチェックしてみましょう!

 

公式サイトの「こんな方におすすめ!」

公式サイトで紹介されているプラン選択で参考にする画面

出典:公式サイト

 

公式サイトのトップページ

このページの下の方にそれぞれのプランの詳しい説明があります。

 

 

公式サイトの『HAFHプランに関する注意事項』のページ

すべての宿泊プランの細かい規定が載っているので、ここを読むとルールがクリアになります。

 

 

HafHはさまざまな人に合わせてたくさんプランを用意してくれています。

 

自分にぴったりなプランをうまく選びましょう。

 

予約方法と予約ルール

HafHの公式サイトで予約ができます。

 

まず、公式サイトの右上の『施設を検索』をクリック。

出典:公式サイト

 

泊まりたい施設の名前や都市名を入力して、

出典:公式サイト

 

例えば、「長崎県」と入れてみると候補が出てきます。試しに『HafH Nagasaki SAI』をクリック。

出典:公式サイト

 

施設の詳細ページが出てきたら、下の方にある「滞在プラン選択」をクリック。

出典:公式サイト

 

このページで滞在日を指定して、予約可能なプランの『予約申請をする』ボタンから予約をします。

※予約をするにはHafHのアカウントをつくっておく必要があります。

簡単ですね!

 

 

予約ルールはとくに厳しいものはないですね。

 

90日先まで予約することができて、当日予約は施設によって対応時間が異なるそうです。

 

キャンセル規定もありますね。

 

予約関係のルールはこのページに詳しく掲載されています。

 

わからないことがあっても、年中無休のカスタマーサポートがあるので安心です。

 

拠点の数とエリアは?どんな特徴がある?

ハフの世界の拠点ネットワーク

出典:公式サイト


HafHは国内だけでなく、海外にもとにかくたくさん拠点があります。

 

各地の施設と提携することで、泊まれる拠点がどんどん増えていますね。

 

 

特徴としては、国内だとHafH発祥の地である長崎や九州エリアはとくに拠点が充実しています。

 

ほかの各地方ブロックにもまんべんなく拠点があるので「泊まれるところがない!」と困るエリアはなさそう。

 

 

海外だとアジアやオーストラリアが充実していますが、南アメリカやアフリカにも拠点があります。

 

最近だとジョージアにも拠点ができていて、「こんなところにまで!?」とビックリしました。


HafH
は国内であればどこにいても拠点が確保できてしまう安心感があります。

 

移動で泊まる場所の心配をしなくてもよくて、しかも定額というのは本当にありがたいです
RISAKO

 

移動暮らしをする人はみんなHafHに登録しておいた方がいいくらいですね。

 

 

「こんなに拠点があると選ぶのが大変そう」と思うところですが、サイトでは拠点を選びやすい工夫もされています。

ハフの拠点検索画面

出典:公式サイト

拠点一覧からだけでなくエリアおすすめからも拠点を探すことができるんですね。

 

拠点選びに迷ったらこんな機能をうまく使ってみましょう。

 

 

ちなみに、最近Twitterを見ていて気になったのが福岡のこちらの拠点。

 

HafH Fukuoka THE LIFE(福岡県)

ハフフクオカザライフの入り口

出典:HafH公式サイト

2020年2月にオープンしたばかりの新しい拠点で“それぞれの人(LIFE)が交わる場所”をコンセプトにしています。

 

HafH代表の大瀬良さんのnoteにも施設の詳細が書かれていました。

 

HafH Fukuoka THE LIFEのオープニングムービーやドミトリー・個室の写真、利用できる便利なサービスも紹介されています。

オープニングイベントやすでに利用した方の投稿を見てると、とにかくおしゃれで快適そう。

 

個人的にはいま1番泊まってみたい拠点ですね。

 

利用したくなるポイント3選

ここまでの宿泊プランと拠点の多さだけでも十分魅力的なのですが、さらに利用したくなるポイントを3つピックアップしてみました。

 

1.とにかくいろいろな人と交流できる

HafHの拠点にはホテルの予約サイトなどから予約をしたHafH会員ではない方も泊まっています。

 

会員の枠を超えて、本当に色々な人と交流できるチャンスがたくさんあるのは魅力ですよね。

 

外国人の方も宿泊するような拠点だと国際交流だってできちゃいます。

 

 

拠点にはコワーキングスペースがあったり、イベントもたくさん開催されているので、人と関わるきっかけは盛り沢山。

 

「とにかくさまざまな人と関わりたい!」という方であれば、HafHへの滞在は本当に良さそうです。

 

2.HafHコインで部屋のグレードアップができる

ハフコインの説明

出典:公式サイト

HafHにはHafH Coinというものあって、これで部屋のグレードアップができます。
Coinが付与されるプランは限られています。

 

基本的に泊まる部屋はドミトリーですが、coinを使うと個室にも泊まれます。

 

拠点によってはドミトリールームでもコインが必要なところもあるそうなので、泊まりたい拠点の情報をよく確認してみてください。

 

 

ちなみに、HafHではCoinのキャンペーンがよく行われていて、バレンタインデーにはこんな嬉しいプレゼントもありました。

Coinの使い道もこれから増やしていきたいという情報もあるので、今後に期待ですね。

 

3.コワーキングスペースへのすごいこだわり

”世界中を旅しながら働く”を掲げていることもあって、HafHはコワーキングスペースへのこだわりが強いです。

 

それぞれの拠点のページにはこんな『WORKSPACE』のマークがあって、拠点選びで参考にしたい”働く”を意識した配慮がされています。

拠点選択画面

出典:公式サイト

 

コワーキングスペースにも楽しく快適に過ごせる工夫が盛り沢山。

 

例えば、HafH直営店のHafH Nagasaki SAI。

ハフ長崎SAIの施設内画像

出典:公式サイト

なんと写真のようなテントがあって、床に座ったり、寝っころがって仕事をすることもできるそう。

 

コワーキングスペースって堅苦しい雰囲気のところも多かったりしますよね?

 

こんなふうにリラックスして過ごせるように工夫された拠点があるのは嬉しいポイントです。

 

 

そして、こんな魅力的な募集も随時行われています。

こちらは2020年4月オープンの「HafH Goto The Pier」(長崎・五島市)。

 

HafHの直営拠点で会議室や登記もOK。貸しオフィスも併設しているそう。

 

 

法人登記や静かな打ち合わせ場所が必要という人も多いはず。

 

HafHの中でうまく利用できるサービスがあれば嬉しいですよね。

 

法人登記・会議スペースのある拠点がもっと増えてくるといいですね!
RISAKO

 

まとめ

HafHのサービスをざっとまとめてみました。

 

各地を飛び回っているわたしが考えるHafHの良さは、

  • 利用目的に合わせた豊富なプラン
  • 圧倒的な拠点数の多さ
  • 働く人にとって快適な環境

ですね。

 

ぞくぞくと拠点や新しいサービスが増えているので、つねに情報はチェックしておきたいところ。

 

▼HafHの情報収集はこちらで▼

公式ホームページ
HafH代表の大瀬良さんのnote

<Twittter>
*HafH公式(@HafHtheWorld
*HafH代表:Ryo Osera(@ryosera_jp

 

個人的には、HafHの情報を集めるなら公式Twitterがおすすめです。

 

新しい拠点やサービスの情報をこれでもかというくらいアップしてくれています。

 

 

「拠点の様子をもっと知りたい!」という方は、公式Twitterがリツイートで他の利用者がアップした拠点の素敵な画像をたくさん見ることができますよ。

 

以上、HafHのサービスまとめでした。

 

新しい情報があれば、また記事に足していきますね!
RISAKO

 

 

▼定額住み放題サービスの拠点や料金比較こちら▼

関連記事
定額住み放題4選・拠点エリアと料金を比較してみた【ADDress・HafH・Hostel Life・XROSS HOUSE】

続きを見る

 

▼わたしの移動生活のメイン拠点のことはこちら▼

おすすめ記事
多拠点生活のメイン拠点を外泊した分家賃が安くなる『unito』に決めました!

続きを見る

 

▼住民票や郵便物で悩んでいる方はこちら▼

おすすめ記事
アドレスホッパーや多拠点生活者が住民票・郵便物を置ける場所を調べてみた

続きを見る

-拠点の選び方
-, ,

© 2021 Moving on!