拠点の選び方

【感想レビュー】定額住み放題『ADDress』のオンライン無料相談会に参加しました

 

オンライン相談会とは

「ADDressのサービス内容についてまだ分からないことがあるので相談したい」という方向けのイベントです。

 

定額住み放題サービス『ADDress』のオンライン無料相談会に参加しました。

 

備忘録もかねてイベントレポートをまとめてみます。

  • ADDressのオンライン相談会ってどんなものなの?
  • サービスに興味があるので当日の流れが知りたい
  • 当日の内容をおすそ分けして欲しい

と思っている方の参考になりそうなことをピックアップしたので、参考にしてくださいね。

 

この記事の情報は相談会に参加した2020年1月時点のものです。最新情報はホームページやTwitterなどを必ず確認してください。

 

 

▼ADDressの詳細はこちら▼

 

▼ADDressのサービスまとめ▼


イベントの参加方法

当日はzoomの招待状URLから参加しました。

 

申し込みから参加までの流れです。

Peatixから申し込み Zoomの参加URLをメールで受け取る 当日イベントに参加

※Peatixはイベント運営サイトです。
下記のTwitter内のリンクからもサイトに飛ぶことができます。

 

 

わたしはネットサーフィンをしていてイベントを発見したのですが、ADDressや代表の佐別当さんもTwitterでオンライン相談会のことをつぶやいていました。

 

これからイベントに参加したいという方はTwitterをフォローしておくと情報を素早くキャッチできます。

 

Twitterアカウント

ADDress / 全国創生(@ADDaddress
Takashi Sabetto@ADDress_Sabetto

イベントのタイムスケジュール

この日の開催時間は100011001時間。

 

当日の流れはこちら。

コンセプトムービー視聴 スライドでサービス説明 質疑応答

 

 

Peatixのイベントページで掲載されていたタイムスケジュールも載せておきます。

■■■タイムスケジュール■■■

ADDressのビジョン紹介・サービス説明(10分)

ADDressを通して叶えてほしい未来(20分)

質問タイム(20分)

アンケート依頼・イベント告知(10分)

 

ほかの参加者の方が質問している間もチャットでも質問に答えてもらえました。

 

ちょっとした疑問も気軽に聞ける雰囲気ですね。

 

疑問に思っていたことはどんどん解決できました。

 

オンライン相談会でクリアになったこと

相談会の内容は、ホームページやこれまで発信されている情報がぎゅっとまとめられていました。

 

その中でも、運営の方おすすめのポイントを写真つきのスライドで詳しく解説してくれます。

 

説明を聞くとサービスのイメージが随分つかめますよ。

 

 

当日の内容すべてではないですが、わたしがクリアになったことを中心にまとめてみたので、ご参考まで。

 

部屋の予約の取りやすさ

今のところ予約が取れないということはないそうです。

ただ、東京の拠点は人気のようで、専用ドミトリ・予約ともに予約が取りにくいみたいです。

この記事の下の方にも書いた「ホステルパス」などのサービスと組み合わせたり、今後の新しい拠点オープンに期待したいですね。

 

管理人の『家守(やもり)』

家守の役割について詳しい説明がありました。

家守の役割は家の管理だけではなく、

  • 会員と会員の関係づくり
  • 家守を通した会員と地域の交流づくり

というように、コミュニティづくりの役割を強く意識していることが強調されていました。

 

面白い場所や仕事でつながれそうな地域の方を住人に紹介してくれることもあるそう。

 

人や地域とのつながりをつくりたい人にとっては魅力的ですね。

 

特徴のある拠点

当日は次の4つの拠点が紹介されました。

  • 清山邸(神奈川)
  • 南房総邸(千葉)
  • 益子邸(栃木)
  • 日南邸(宮崎)

運営の方のピックアップがあると「とりあえずここは泊まってみよう」と思える家の目星がついていいですよね。

 

この拠点紹介のスライドが写真つきですごくわかりやすかったです。

 

これから開始されるサービス

新しいサービスリリースの情報はTwitterなどでも発信されています。

 

相談会で説明があったものをTwitterの情報で補足してまとめました。

 

ホステルパスの拠点利用開始

2020年2月から4月までの3か月間、提携しているホステル泊まり放題サービス「Hostel Life」の拠点が利用できるプラン。

  • 1万円の追加料金
  • 追加で利用できる拠点数は14拠点
  • 実証実験で期間限定

 

都内に拠点が必要な方はこちらのサービスとの併用が便利そうですね。

 

ぜひ期間の縛りなく提供してほしいです。

 

ANA国内線航空券付きプラン開始

ADDressの会員料金にプラス3万円/月で、月内にANAの指定便2往復に搭乗可能というプラン。

  • 月額3万円の追加料金
  • 便指定・人数制限あり
  • 実証実験で期間限定

このサービスのことには相談会でも質問が飛んでいました。

 

みなさん注目のサービスのようです。

 

 

わたしも月7万円で宿泊と移動が網羅されているのはかなりお得だと思います。

 

ぜひとも利用したいですね。

 

毎月新しい拠点がオープン予定

これからも拠点はどんどん増えていくそう。

 

ホームページやTwitterでも「〇〇拠点がオープン」という情報がつど流れています。

 

 

noteでは文章が多く書ける分、より詳しく情報が紹介されていました。

 

新しい拠点の情報をいち早く知りたい方はTwitterのフォロー、noteのチェックをオススメします。

 

note・Twitter

公式note

ADDress / 全国創生(@ADDaddress
Takashi Sabetto@ADDress_Sabetto

 

ホステルパスとANAは実証実験で期間限定のものです。

詳細はTwitterの情報やホームページも確認してください。

 

その他

法人利用やパートナーとの利用についての質問も多く出ていました。

 

法人利用は担当の方がいるようです。

 

検討している方はホームページなどから問い合わせるのが良さそうでした。




こんな人はオンライン相談会に参加した方がいい

個別の質問や相談ができるのはもちろんですが、

  • 質問はないけれどとりあえず話を聞いてみたい
  • サービス全体のイメージだけでもつかみたい

という方も、気軽に参加してみることをオススメします。

 

コンセプトムービーやスライドで利用イメージはかなりクリアになります。

 

ほかの方の質問を聞いて気がつくことや理解できたことも多かったですよ。

 

Zoom開催なので、とても気軽に参加できました。

 

おわりに

ADDressのオンライン無料相談会は、サービス利用のイメージを膨らませるのにとても参考になりました。

 

わたしは参加してよかったと思っています。

 

わたしが感じたADDressの魅力は、

  • 快適さを追求した家づくり
  • 家守を通じた人と人・人と地域のつながりづくり

を追求しているところですね。

 

とくに2つ目の家守がいて、滞在する人もすべて会員にこだわっているところが、移動生活なのに濃いコミュニティの中に入り込める絶妙な繋がりの深さをつくり出してくれて、いいなぁと感じます。

 

引き続き多拠点生活で便利そうなサービスは調べていくので、また色々とご紹介しますね。

 

▼▼追記:わたしが多拠点生活のメイン拠点(住民票を置いている)にしているunito(ユニット)とADDressのコラボプランも始まっています▼▼

これはわたしもすごく気になっていて利用を検討中です。

よいプランが次々に出てきて嬉しいですね♪

 

▼unitoについてはこちらの記事も読んでみてください▼


-拠点の選び方
-, ,

© 2021 Moving on!