拠点の選び方

多拠点生活の第1歩。10年住んだ家を4月末で引っ越しました

こんにちは。

多拠点生活の準備をしているRISAKORISAKKO8)です。

気がつけば前回のブログ更新からほぼ1ヶ月経ってしまいましたが、その間何をしていたかといえばこれです。

このツイートをした後、2週間で持っていた家具家電をすべて手放して、宣言通り4月末で10年住んだ家を退去しました。

空っぽの部屋

空っぽの部屋。持ち物は9割がた手放しました。

 

5月からは”外泊した分家賃が安くなる家”に住んでいます。住民票もそちらに置きました。

これからはここをメイン拠点にして、仕事で滞在する先々ては、全国に拠点がある定額住み放題のサービスやAirbnb、ホテルなどを上手く利用していくつもりです。

外泊した分家賃が安くなる家+サブスク住居の合わせ技。多拠点生活をする人には最高の組み合わせだと思います(^^)

 

多拠点生活をする理由

わたしは会社員からフリーになったばかりなのですが、仕事のスタイルが変化したことで「こんな風に仕事をしたい」と目指すものも徐々に変わってきました。

これから目指している仕事のスタイルはこんな感じです。

*国内外の色々な地域にクライアントを持つ
*フットワーク軽くクライアントのところに飛んでいく
*複数地域の案件を並行して進めていく

 

1つの地域に留まるとどっしりと構えるとこができるし、安定や安心感も得られます。

ですが、現状に満足して新しい挑戦をしにくくなるし、変化がなくなる。最近はそんな停滞感をひしひしと感じていました。

会社員を辞めて1人で頑張っていこうとしている自分と住環境も合わなくなっているように思いました。

「もっと身軽に動けるようにしておかないと」

と思っていた中での今回の断捨離と引っ越しです。

住まいと持ち物を見直したことで目指している『移動に適した環境』に向けては1歩前進したと思います。

住まいや物に縛られず、「いいな」と思ったことにもさくっとチャレンジしやすくなりました。

 

10年住んでいた愛着のある家と場所を離れる

わたしが以前住んでいた家は、会社員時代の職場へのアクセスの良さを重視して決めたものです。

都心の中でも交通の便がとても良い場所で、すこし歩くと自然や緑あふれる公園もあり、落ち着いた街並みも大のお気に入りでした。

近所の街並み

お気に入りの散歩コース

今までも引っ越しをしようとして色々と候補探しては、「やっぱりこれ以上の場所はないや~」なんて改めて思わされるそんな場所です。

ですが、「軽やかに移動しやすく」というわたしが目指す生き方に、この家と場所が徐々に合わなくなってきているとは感じていました。

この家の家賃を払いつつ、移動先の交通費・滞在費を払うのも少しキツい。もう少しコストを抑えられないかなと思っていました。

そして、今回ようやく離れる決断をしたというわけです。

 

そんなこんなで10年過ごした思い入れの強い我が家から4月いっぱいで引っ越したのですが、自分で決めて、これからの変化にわくわくしながらも、やっぱり寂しさは感じたりもします。

引っ越しの立会い直前にはこんな風にセンチメンタルな気持ちになったりも(笑)

この先「この場所でどっしり構えて生活していく!」というタイミングがあれば、また特定の場所に住み続けることもあるかもしれません。

けれど、しばらくはそんな感傷的な気持ちになったことも胸に刻みつつ、新しい土地・仕事・出会い11つを大切にしながら過ごしていこう。

そんな風に強い思いを持って進んでいこうと思つています。

 

家具・家電をすべて手放して身軽に。9割がたの物を手放しました

2週間かけて持っていた家具家電をすべて手放しました。

冷蔵庫や洗濯機などの大型家電や、テレビ台やキャビネット、食器棚のような大型家具。

食器や本・雑貨などの細々したものまで本当にありとあらゆるものを譲ったり、処分しました。

 

残った物はこちらです。

  • 旅行用ボストンバック 1
  • 中サイズの段ボール 1個
  • 大サイズの段ボール 1個(これからもう少し処分します)

9割の物を手放しました。

空っぽの部屋

空っぽの部屋。日当たりが良くてお気に入りの部屋でした。

 

物を処分するとなった時に、最初に買い取り業者に見積もりをお願いしました。

そうしたら、買い取り価格は付かず、逆に処分費用として5万円前後かかるなんて言われてしまったんですが、フリマアプリやジモティーを駆使して地道に譲り先を探したら、なんと最終的には8万円のプラスになりました!

とくにジモティーには本当にお世話になって、普通なら粗大ゴミで処分費がかかってしまうような家具家電でも、0円で出品すれば取りに来てくれる方がいて本当にありがたかったです。

  • 実際何をどこでどれくらいの金額で譲ったの?という話や
  • おすすめの売り方

などはまた改めてブログに書こうと思います。

 

▼手元に残したもののことも書きました▼


 

物を手放して感じていること。これからのこと

物を手放して感じていることは、とにかくものすごく身軽になって動きやすくなったということ。

そして時間の使い方が上手くなったということ。

例えば、

テレビを手放したことでテレビを観ていた時間を仕事やブログの更新に使えるようになったとか、
大量に持っていた本を減らしたことで厳選した本をきちんと読むようになったとか。

ブログに集中できる時間も増えました。

大切なこと・必要なことにきちんと時間を使えている。そんな感覚があります。

 

さて、都内で滞在する拠点(メイン拠点)は決まりましたが、地方での滞在先(宿泊先)をどうしていくかはまだ考え中です。

定額住み放題サービスを利用するか、ホテルを1つ1つ探していくか、Airbnbみたいなものも使ってみるか。

選択肢はたくさんあるので、色々試して自分なりのスタイルをつくろうと思います。

定額住み放題サービスのことはこの記事でもまとめてますが、もう少し調べたい。

 

今はコロナウィルスの影響で移動が難しくなっていますが、状況が落ち着いたらすぐに動き出せるように、自粛という環境にあってもできる範囲でこれからの生活環境をきちんと整えておこうと思っています。

そんな感じで、取り急ぎ引っ越しのご報告でした。

-拠点の選び方

© 2021 Moving on!